神戸いかなごくぎ煮学認定試験・開催要領
1.開催の目的
 いかなごは神戸市内沿岸漁業の主要漁獲物で、毎年2月末頃から大阪湾で漁が始まります。この時季、垂水漁港でのいかなごの水揚げは、環境省の「日本の音風景100選」にも選ばれています。その佃煮の「くぎ煮」は、神戸から東播地方にかけての郷土料理として全国的に有名で、3〜4月のいかなごの漁の最盛期には「くぎ煮」を炊く香りが街を漂い、春の風物詩といわれています。
 また、神戸市は、里海の環境を保全し、漁業の振興を図り、安全・安心な水産物の市民への安定的な供給を目指す活動を行っています。
 そこで、神戸市水産会(神戸市漁業協同組合、兵庫漁業協同組合、(財)神戸みのりの公社、神戸市)では、神戸の漁業の振興を図る方策のひとつとして、「くぎ煮」を通して、
・地域の活性化及び新しい観光の促進(垂水区、須磨区、長田区)
・地産地消と魚食普及、市内産水産物の消費拡大
・生産者と消費者の顔の見える関係づくりの推進
を図り、“元気と魅力にあふれた個性豊かな漁業”の持続的発展、市民と漁業と食との“新しい絆”の創造を目指すため、3回目となる「いかなごくぎ煮学認定試験」を下記により実施します。
 
2.主催
神戸市水産会[神戸市漁業協同組合,兵庫漁業協同組合,(財)神戸みのりの公社,神戸市]
(事務局)神戸市垂水区海岸通12-4 マリンピア神戸さかなの学校
     TEL.(078)706-5550〔(財)神戸みのりの公社 海浜事業部〕
 
3.試験内容
(1)実施日時
   平成23年2月20日(日)14:00〜15:30(試験時間は14:30〜15:30)
(2)試験会場
   垂水区役所 1階大会議室(神戸市垂水区日向1丁目5-1)
(3)募集人数
   100人(申込多数の場合は,抽選で申込者の中から決定します)
(4)受験資格
   制限はありません。
(5)テキスト
   認定試験のテキストは、当ホームページに掲載しています。
    →テキストのダウンロードはこちら
   なお、ホームページをご覧になれない方は、印刷物をお送りすることもできますので、
  願書の郵送時に、返信用切手200円を同封してください。
(6)認定試験問題
   問題は主に上記テキストから出題され、選択式と記述式により行います。
    選択式問題:いかなごに関する知識(生態、漁業、調理、文化等)
    記述式問題:いかなごくぎ煮の作り方(レシピ)
(7)合格基準
   認定試験は100点満点で80点以上を合格とし、合格された方に「神戸いかなごくぎ煮学認
  定証」を授与いたします。
(8)受験料
   1,000円(当日,会場の受付にて現金でお支払いください)
(9)申込期間
   平成23年1月4日(火)〜平成23年2月1日(火)(当日消印有効)
(10)申込方法
   下記より申込書をダウンロードし,募集要項に従ってお申し込みください。
    →申込要項  →願書
(11)受験票
   受験票は、2月上旬に郵送いたします。

   テキスト・募集要項・申込書をダウンロードするにはAcrobat Readerが必要です。
   お持ちでない方は下のバナーより無償でダウンロードできます。(外部サイト)

   

×閉じる